託児施設が助ける育児と仕事の両立

女性にとって、育児と仕事の両立は大きな課題になりがちだが、職場の選び方次第で比較的容易になる場合がある。企業としても育児をしている女性に仕事をしてもらいたいと考えている場合が多く、うまく便宜を図るようになってきている。
その取り組みの中でも特に有用なのが、託児施設である。企業のオフィスビルの中や近隣に、企業自身が運営している託児施設があって、自由に利用希望を出せる仕組みになっていると速やかに復職できる。一般の保育園のように、入園希望者が殺到して抽選になるようなことはほとんどないようだ。
職場の中か近くにあるので、通勤のときに子供を連れて行き、帰りも一緒に家に向かえば良いだけなので、送迎の手間や時間も省くことができるのがメリットであると言えるだろう。費用も企業側が負担してくれていて、保育園に預けるのに比べると安い場合が多い。
企業によっては、併設の保育園や提携先の保育園を利用できるようになっている場合もある。優先利用できる仕組みになっていて助かる面も多いが、可能であれば託児施設のある職場を選んでおいた方がいいだろう。
企業が独自に運営している場合には、社員の勤務時間帯に合わせて開園時間を調整してくれているのが一般的であり、残業などがあっても、子供を預けたままにできるからである。託児施設は、必ずしも妻の職場にある必要はなく、夫婦のどちらか一方で利用できれば問題はないだろう。
結婚前後によく相談して、どちらかが職場を選び直しておくと、育児と仕事を両立させやすくなるだろう。
育児と仕事を両立させたいと思っているのら、このサイトを読むのもいいだろう。>>>育児と仕事両立できます!<<<