人間関係を広げておこう

女性の社会進出が進むにつれて、育児とどのように両立していくかということが、大きな問題となってきている。
保育園の数は十分でなく、入園自体が困難なこともある。運よく保育園に入れることができても、子供の体調により仕事を切り上げて迎えに行かなくてはならないなど、仕事に大きな影響を及ぼすためだ。
仕事も育児もきちんとこなして両立していきたいと思っている人は多いだろうが、その気持ちが強すぎると自分を追いつめすぎてしまう事につながる。一人ですべてをこなそうとするのではなく、パートナーや周りの力を借りるという事を意識しておこう。
もちろん、仕事で成果を出したい、子供により手を掛けたいと思う事もあるはずだ。しかし、人間である以上、出来ることは限られる。過労や心身のバランスを崩してしまうといったことにならないように、完璧を目指さないという事は重要なことである。
そのためには、助けてくれる人間関係を周りに作っておくことが必要だ。子供ができてから、いきなり助けてくれる人間関係を作ろうと思っても難しいため、出産前から職場や地域での人間関係を広げておくようにするといいだろう。
さらに、親族の手を借りるという事も一つの手である。いざというときに駆けつけてくれる人がいるという事は、子育てをするうえで大きな助けとなる。実家近くに転居するなどという事も検討してみよう。こうした形で、いかに助けてくれる人を周りに作っておくかが、仕事と育児の両立では必要なことと言えるだろう。