周囲にうまく頼ろう

若い夫婦を中心に、育児と仕事の両立を望む人は多いようだ。うまく両立できている人がいる一方で、なかなか両立できず、負担を感じている人も少なくない。
育児と仕事をバランスよくこなしている夫婦はどのような対応をしているのだろうか。まず大切な要素として、勤務先の協力は欠かせない。育児中は、夫婦でフルタイムの仕事を続けるのは難しいため、時短勤務などの制度が整っている必要がある。
さらに、社内の雰囲気が、育児中で時短勤務をしたり、早退をしたりする従業員に対して好意的であると望ましいだろう。勤務先の制度や雰囲気は、個人の裁量で変えられないため、夫婦のどちらかが休職、あるいは転職せざるを得ない場合もあるだろう。
結婚直後から、生活スタイルを考えておくとよいだろう。
次に大切な要素として、親族の協力を得ることも大切だ。特に、夫婦の両親(祖父母)が協力できる状態にあると、育児と仕事の両立は、だいぶ楽になる。保育園などの利用ができれば、親族の協力は最低限で済むが、それでも祖父母に保育園の送迎を依頼できるといいだろう。
保育園に入れない場合、昼間は祖父母に子供を預かってもらえると、強力な援軍になるだろう。預かってもらう時間が長い場合は、お礼の言葉を述べると同時に、謝礼としてお菓子などを贈るといいだろう。
育児と仕事を両立させる場合、夫婦だけで子供に対応するのは限界がある。会社でも親でも、頼れる対象は迷わず活用することが、親子の幸せにつながると考えよう。夫婦だけで子育ての負担を抱える必要はないのだ。